西川 叶樹|Nail&EyeLashVinah呉店(チーフネイリスト)

インタビュー概要
  • Nail&EyeLash Vina 呉店
  • チーフネイリスト
  • 西川 叶樹(入社3年)

―YOU-2に入社する前は、何をしていましたか?

美容の専門学校に通ってました。新卒入社です。

―就活にあたり、働きたい店のイメージはありましたか?

当時はサロンごとの個性に注目していましたが、やはりスタッフが楽しそうに働いている店が一番いいと思いました。なので、ネイルのデザインなどより、会社の雰囲気のよさを重視して志望を決めました。

―YOU-2に入社した経緯を教えていただけますか?

通っていた専門学校にYOU-2から講師がいらっしゃっていて、事前にこんな会社という話を伺っていたことが大きかったですね。自分に合いそうな会社だと思っていたので、最終的に入社を決めました。

―実際に入社してイメージ通りでしたか?

やはりスタッフの仲がよくて、思った通りのいい雰囲気でした。みなさん、接客していて楽しそうだったことをよく覚えています。でも仲がよいだけでなく、店舗としても個人としても、しっかりお互いを高め合っている印象が強かったですね。

―逆に、入社して意外だったことはありますか?

いわゆるギャップのようなものは、あまり感じなかったです。入社後、店舗に配属されてもすぐにはお客様につけませんが、それは当たり前のこと。しっかり段階を踏んでデビューします。そうした指導面では、思っていた以上にしっかりしていると感じました。

―ネイリストとしての経験はあったのですか?

学生で経験はありませんでした。ネイル専攻というわけでもなく、美容のいろいろな分野をトータル的に学べる学校だったので、そこにネイルの授業も含まれていました。意外とネイリストを目指す友人も少なくて、YOU-2に入って一から教わりました。

―いろいろな選択肢があったなか、なぜネイリストの道を選んだのですか?

授業で検定試験もどんどん受けていくので、自分がどの道に進むか考えるなかで、シンプルに一番楽しいと思えたのがネイルでした。その気持ちを大事にして、ネイリストになろうと決めました。

―入社して実際にデビューするまで、どのようなステップを踏みましたか?

3段階ほどあって、ジェルメニュー、長さ出し、そのあとでスカルプチュアなどの段階を踏んでいきます。店舗で先輩方に接客の合間を見て教わりながら、練習してチェックを受けて、OKが出たら接客するという流れです。デビューまで大体、半年くらいはかかります。先輩方も忙しいなか、しっかり見てくれました。

―デビューしてお客様についたときは、どんな気持ちでしたか?

やはり、最初のお客様はドキドキしました。お客様が満足して帰られるとうれしくて、一方でもっとこうすればよかったとか、反省点もどんどん出てきました。

―ネイリストとして、どんなところにやりがいを感じますか?

技術的なことよりも、「ありがとう」といわれた時に一番やりがいを感じます。お客様からはもちろん、スタッフからもそうです。ちょっとその人のために動くと、必ず「ありがとう」が返ってくる職場なんです。そのたびに、この仕事についてよかったという気持ちになります。

―お客様が満足していると感じるのは、どんな時ですか?

施術中から「これ、かわいい!」とお客様のテンションが上がったり、帰る前に感謝の言葉をいただいたり、次回の予約を入れてくださった時などは、やはり喜んでいただけたと感じます。再び来店された際、前回のネイルを見せながら「これ、すごくほめてもらったんよ」なんていっていただく時もうれしくなりますね。

―新規のお客様からリピートの予約が入ると、やはりうれしいですか?

お客様によってご都合がありますから、次回の予約はお客様次第です。なので、リピートの予約をいただくと「帰って来てくださった!」という気持ちで、とてもうれしいです。

―反省点としては、どんなことがあげられますか?

画像などの見本を持参されるお客様もいらっしゃいますが、それをそのまま再現するのは難しいケースがあります。どれくらい再現できたかなどは、やはり反省点につながりやすいですね。

―再現が難しい場合、代わりの提案ができるかどうかも、ネイリストにとって大事なスキルですか?

とても大事です。商材によってあるもの、ないものもあり、そういうご提案のトークは経験が必要になってきます。ご希望通りにいかないわけですから、そこは難しいところです。できるだけお客様のイメージに合った提案ができるよう、以前の作品から仕上がりのイメージをビジュアルで伝えたり、SNSなどを参照して資料を集めています。

―あらためて、YOU-2の職場環境のいいところをあげていただけますか?

上司や先輩方もみんな同じステップを踏んできているので、気になる部分や悩みをわかってくれるんです。「大丈夫?」と気に掛けてくれたり「できとったねぇ」ってすごくほめてくれたり……。そうやって気持ちをくみ取って、思いやってくれる方がたくさんいる職場環境が、YOU-2ならではなんだと思います。技術に限らず、気持ちの部分でもとても助かっています。

―今の職場ではどんな時に、スタッフの仲のよさを感じますか?

例えば、誕生日の人にはみんなでお花を用意して、お祝いし合ってます。ハロウィンの時期なら、それぞれがお菓子を買って来てみんなで食べたり、イベントごとにそうした気遣いがよく見られますね。本当にとても仲がよくて、先輩方がそうやって働きやすい環境を作ってくれているんだと思います。

―仕事の上下関係でよいと思う点はどこですか?

毎月ミーティングがあるんですけど、次の月のキャンペーンの提案などを上司や先輩方から、後輩に聞いてくださいます。後輩も意見をいいやすくなって、それを柔軟に実行に移してくださることもよくあります。後輩もおのずと、店舗のために貢献したいと思うようになるんです。

―ご自身のネイリストとしてのスキルは、上がっていると感じますか?

仕上がり具合などは、自分で見ても入社した頃とまるで違うと思います。先輩方も「とてもよくなった」とか「変わった」といってくださるので、スキルは上がっていると思います。

―ネイリストとしての技術も、個人よりみんなで磨いていく感じですか?

そうですね。例えば、毎月キャンペーンのコースがあるんですが、そこに自分たちの好きなデザインやトレンド感のある新しい技術を出し合います。そこでテクニックを教え合ったり、動画を探して来て情報を共有したりします。もちろん、個人でも空いた時間にSNSなど見て回って、資料としてスクラップなどしますよ。ネイルは技術もデザインも、常に更新しないといけませんから。

―ご自身が思い描いている、今後のビジョンや目標はありますか?

もっとどんどんお客様に入られる、予約でいっぱいのネイリストになりたいと思っています。技術向上はもちろん、毎回、感謝や気持ちを伝えられるネイリストになって、売り上げも含めて、YOU-2の中でもトップクラスの人材になりたいです。店長とか管理する立場はちょっと遠慮したいタイプですが(苦笑)、技術面を追究して会社に貢献できたらと思っています。

―西川さんがネイリストとして、一番大事にしていることは何ですか?

やはり一番大事なのは技術面で、練習と実践がすごく必要になります。どんどん新しい技術も商材も出てきますし、常に技術向上を目指しています。

―売り上げが上がると、やりがいにつながりますか?

そうですね、やはり結果が数字に出るとうれしいです。自分より売り上げが上の先輩がいると、そこに追いつきたいと思うので、あえて上のいい数字を見るようにして、自分のモチベーションにしています。

―会社としての“YOU-2らしさ”とは何だと思いますか?

YOU-2は、女性が働きやすい会社です。私自身、今後結婚して出産しても、また戻って来たいと思っています。勤務時間は短くなるかもしれませんが、戻ってきて長く働きたいし、そう思える環境がYOU-2らしさではないかと思います。

―実際、仕事と家庭を両立させている女性スタッフが多いと感じますか?

今いる店舗にも、何人かいらっしゃいます。実際に仕事と家庭を両立されているのを見ると、こちらも支えないといけないと思うし、逆にそうした先輩方がいてこそ、支えられている部分もあると感じます。自分もいつか、そうなれたらいいなって思います。

―ネイリストとして、仲間と支え合って楽しく働けるほうが合っていると思いますか?

そう思います。私は、個人で経営や店舗運営をすることは向いていません。今の環境が自分にとってとても心地よく、満足していることもあって、YOU-2で長く働きたいと思っています。

―就活で入社を検討している方に、伝えたいことはありますか?

YOU-2で働いているスタッフは、みんな楽しそうにキラキラと輝きながら、それぞれの仕事をしています。ひとりで黙々と技術を追究したり、コツコツやりたい人よりも、みんなで助け合って向上していくタイプの人に、向いている会社だと思います。学生時代に周囲からよく聞こえてきたのは、自分とセンスの合う店に行きたいという声でした。そうした自分へのこだわりが強いタイプには、よくも悪くも合わないかもしれないとお伝えしておきます(笑)

―どんな後輩に入社して欲しいですか?

やはり、自分のことばかりでなく人のことも考えられる、思いやりのある人に入ってきて欲しいです。もちろん、ネイルが好きで前向きな後輩なら、とてもうれしいですね。ただ、わけあって前向きになれない後輩がいても、私たちは言葉を掛けるし、自分の体験談を話したり、ネイル以外のプライベートな話もして気分を変えようとします。ともかく、よく話をする人がなじめる職場です(笑)

―ありがとうございます。最後にひとことお願いします。

新しい職場環境に、不安を抱える方も多いと思います。よく話をしてくれる、気に掛けてくれる先輩スタッフが多い職場なので、その点では安心して欲しいですね。

先輩からの動画メッセージ